« 宝塚月組 STUDIO 54 | トップページ | 2011年のフランス菓子教室・その1 »

紅塾発表会

お江戸演芸スクール 紅塾発表会

を、上野広小路亭へ見に行ってきました。

お友達が出ているので、去年からご招待いただいて観覧させてもらっています。

講談師・神田紅さんが教えてらっしゃる方達の年1回の発表会です。
そう、講談の発表会。
講談って、和服着た人が演壇で扇子みたいのをバンバンっと調子よく叩きながらお話を語るもの? みたいなうすっぺら~い知識しかないまま、去年拝見しにいき……

面白い!
私もやりたい!

と、本当に楽しく拝見させていただきました。あ、始めてはおりません。生半可な気持ちではね、難しいですよ。面白そうなんですけれど。しかも先生は神田紅さんですよ?習わなきゃもったいない……

習い始めて5年たつと先生から1文字いただきつつお名前をつけるそうです。「 紅 」の文字が入ったお名前の方が何人かいらっしゃいまして、お友達も今年から名乗っていました。鍛錬をつんだ証ですよね。1つのことを続けているという。憧れます。名乗られている方、素晴らしいです。

で、お友達の発表は今年も素晴らしかったです。
去年は「 海賊退治 」、今年は「 赤垣源蔵 」でした。
「 赤垣源蔵 」って、赤穂浪士の1人のお話。吉良屋敷討ち入り前に、さんざん世話になった兄の屋敷を訪れるがあいにく不在。お兄さんの羽織を相手に酒をのみ、女中に言付けを残して討ち入る。
翌朝、討ち入りの報を聞いたお兄さんは奉公人に浪士の行列を見に行かせ……という、どこかのドラマで見知っているお話でした。
実に感動的でした。面白いところはかなりコミカルに演じているんですけれどね。

来年こそ、木戸銭を払って観覧させていただかなくちゃ。
え?習わないのかって? ほかにもあれもこれもとあって、なかなか決められませぬ。

|

« 宝塚月組 STUDIO 54 | トップページ | 2011年のフランス菓子教室・その1 »

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/50656103

この記事へのトラックバック一覧です: 紅塾発表会:

« 宝塚月組 STUDIO 54 | トップページ | 2011年のフランス菓子教室・その1 »