日記・コラム・つぶやき

2月ですが……

2月ですが……

2012年、今年こそは、このブログを放置しないよう、がんばります。

気に懸けて覗きにきてくださる皆様、ありがとうございます。

間違ってきちゃったかた、期待はずれでしたらごめんなさい。決まったテーマとかないのです。主婦の映画・観劇日記、プラスあれこれですのでcoldsweats01

というわけで、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大事な日

何ヶ月もほったらかしていたブログ……

久しぶりに書く記事が、わけわからない呟きになってしまうのは、読みに来てくださる方に申し訳ないと思うのですが、大事な日の、大事な思い出なので書かせてください。

久しぶりに、好きな人に会ってきました(不倫とかじゃないです)。

二人っきりで写真を撮るとかはできなかったけれど、帰り際に駅まで歩いて、2人っきりでお喋りして、またね!!って笑顔でぶんぶん手を振ってもらいました。

20数年前の、恋心を思い出して、切ないやら、懐かしいやら、、、、

やっぱり好きです。

20数年前にちゃんと告白して、はいはい、って聞いてもらった相手です。

年の瀬に、こんな素敵な時間を過ごせるって幸せです。

とっても大事な日になりました。

実は明日も、やっぱり大好きな方に会いに行くんですけどね。こう書くとただのミーハー日記になってしまいますが、好きの種類が違うのです。

年末の宴会シーズン、勤め先は人手が足りなくてとっても大変なことになっているのですが、今日明日だけはどうしても譲れませんでした。ラブを胸に、仕事も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気です

仕事が忙しかったり、休みが多くてもなんだかうだうだしていてパソコンの前にじっくりすわる、という気力がわかなくてブログをほったらかしがちです。映画も宝塚も新しいの観ました。今日は大好きな駒田さんのライブにうかがうよてい(って見るだけですよ勿論)。

愚痴めいたことはあんまりこのブログには書かないようにしよう、と思っているのですが(いえ、さんざん書きましたけど)、やっぱり書いちゃいます。

職場に新人さんが相次いで入り、嬉しいことです。
新人さんたちはやる気があって前向きなひとばかりでいいのですが、10日やそこらではまだまだ使い物にはならないわけでして。
で、昨日、朝イチ出勤で働いていたら、女将が私をみて「 今日は小粒ばかりだと思ってたけど、大粒がいてよかったわ~~ 」と言ったのでした。
小粒は新人、大粒はベテラン(笑)。そう、女将と私以外はすべて新人ちゃんたち。あ、半年たってる人が一人いましたけど。

……でも。
土曜日のランチタイム、我が店は案の定混みました。ほぼ満席! 新人ちゃんたち、頑張っているけれど作業が追いついてません。デシャップの私は一旦ホールに出るとデシャップ作業がおろそかになるしついていけなくなるし、……………なかなかなかなかな(笑)ランチタイムとなりました。
大粒としての力量、ないよね~。情けなや。
と、落ち込んだ日でした。

ま、頑張るしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災から1ヶ月と数日

ついつい、ブログを放置してしまいました。
ミクシー日記はこまめに書き散らしているんですけれどもね。

震災から1ヶ月と数日がすぎました。

私は。
あの日以来、我が家のエアコンは1台も稼働していません。マンションなので気密性が高いからしのげるのもありますが、南北に長い部屋なので、南向きのリビングはなんとかしのげます。でも北向きにある子供たちの部屋はとっても寒いです。子供たちも我慢してくれているんですよね。
電子レンジオーブンを新しく買ったのに、置くための台を新しくしたいがために梱包をとかずに…たぶん1ヶ月以上たってしまったようです。節電にもなるかな、と自分にイイワケしていますが、お菓子作りもしたいですし、置くための食器棚をなんとか買えないか考えてみようか、と思い始めています(変な日本語ですね)
食器を洗うのは手動ですが、食器乾燥機愛用者の私。でも、震災以来ただの食器置きになっています。

阪神大震災のときは翌々日あたりには郵便局から義捐金を雀の涙ですけれど振り込んだのですが、今回は途方もない被害と色々なボランティア活動をニュースでみて、どこから手を付けていいのやら、と動けずにいます。
売上げ金(の一部)を義捐金にまわします、という店で洋服を買ったり、立ち寄った店に募金箱があればおつりやプラス気持ちをいれたり、くらいでしょうか。こんなんじゃだめだな、と後ろめたい気持ちがあります。

私は銀座のレストランでバイトをしていますが、震災後1~2週間はお客様がはいらなくて散々でした。今でも本調子とはいきませんが、やっと戻り始めたかんじでしょうか。

だからなに、というまとめの言葉もないまま、本日の日記をおわります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

計画停電、幕開け

私は埼玉県在住です。
計画停電についての詳しい地区分けを知ったのは今朝です。

都内へ出勤する夫を最寄り駅へ車で送ってはじめて、始発から運休しているのを知りました。戻って着替えて、自転車で出かけていきましたが、はてさてどこまで行く気なのだか……

私も娘も都内でバイトをしていますが、動いている電車の駅まで行くのは(2~3時間歩くのを覚悟すれば別ですが)至難のわざ。…これは当分、働けないかもしれません。

ガソリンスタンドも、軒並み在庫切れのようです。私は土曜日の午後に満タンにしていらいあまり車を使用していませんが(帰宅困難者となった娘をちょっと遠くまで迎えに行くために偶然満タンにしたのでした)、市内の友人は「 どこのスタンドもだめで給油できなかった 」と昨日夕方いっていました。

職場も家も失っていないばかりか、今は暖房のきいた部屋でニュースを見ながらパソコンを使っていますが、この計画停電はなかなかに市民生活に打撃を与えるのではないでしょうか。もちろん、関東全部が大停電となるよりはぜんぜん、マシだとは思っていますけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北太平洋沖地震

2011年、3月11日金曜日午後

いくつもの地震が日本を襲ってしまいました。

亡くなられたり被災された方々と比べるつもりは毛頭ありませんが、地震の覚え書きとして書き留めておきます。仙台市に住んでいるお友達が2名いますが消息がわかっていません。迷惑承知で携帯メールを送信してみましたが返信はありません。新聞やテレビを見ていて泣けてきます。命があるのは素晴らしいことだけど、家もなにもかも失って……本当に本当に、ただただ祈るばかりです。

その日私は仕事はお休み。
自宅から車で30分のところでお菓子教室の真っ最中でした。これからロールケーキの生地をオーブンに入れるよ、という時に びよよん、びよよん、 と不協和音のような音が。先生と2人、なんの音?外?? と言っているうちに揺れがきました。防災無線の音だったんですね。あまりの揺れに外へでました。私の自家用車、デリカがゆらゆらとゆれていました。教室は4階だったかな?まっすぐに歩けない、ということを生まれて初めて体験しました。あんなに大きな長い揺れも初めて。正直、死ぬかと思いました。

レッスンを切り上げて15時ちょっとすぎには車を運転していました。30分の道のりなのに帰宅するまでに1時間半かかりました。
中学生の娘は校庭に避難してそのまま帰宅となり無事。大学1年の息子は地震が来たときには在宅だったものの、バイトだからと律儀に最寄り駅へ行き、電車が不通なので公衆電話から職場へ連絡して帰宅。ただ1人、高校3年生の娘が登校日だったために所沢方面から帰宅できなくなりました。お友達のおうちに泊めて頂き、翌日帰宅したのですが、この娘と連絡をとったり動向をどうするか定まるまで本当に心配しました。公衆電話からかけた夫がいち早く連絡がとれたようですが、私が重宝したのがmixiです。iモードも繋がらないなか、mixiだけが繋がり(途中、怪しいときもありましたが)つぶやくことで連絡をとりました。あとで聞けば、娘は友達と密に連絡がとれていたようです(でも、開放されている学校は泊めてくれないだろうと情報が出回って誰も戻らなかったとか)。
子供たちと、万が一の場合にどう行動するかをしっかり話し合っておかないといけないと思った次第です。

家の中は、台所は何もおちなかったのですが、リビングや子供部屋やら、棚からものがおちまくり、本棚から本が落ち……ものと埃で大変なことになっています。2匹の猫のうち、1匹は隠れてしまって数時間出てきませんでした。つぶれてなくて本当によかったです。でも猫たち、今日になっても神経質になっていて抱っこしていないと走り回っています。

日曜日の今日は午前中、都内の仕事に行ってきました。揺れを感知するたびに止まる電車ですが、銀座には人がいるし、レストランである我が職場にもお客様がいらっしゃいます。なんだか違和感があって……落ち着きません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年の終わりに

2010年も残すところあとわずかです。

大晦日に、家事をなげうって横浜へドガ展を見に行ってきました。

宝塚に熱をあげるあまり、ブログはほったらかし、あまつさえPCの不調もあってわやわやなことにしてしまった年でした。

来年はもうすこしちゃんとしたいです。

来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC不調でした

水夏希さんの宝塚退団により呆けている間に、PCが10月のはじめにネットにつながらなくなり……なんと12月28日に復活しました。
この時代、インターネットにつながらない、というのは不便ですね。
ま、それはともかく、色々なことがありました(笑)
長女が大学に合格してバイトを始めました。
ミズさんが芸能活動を始められて、フジテレビでの記者会見を見学できました。やっぱりミズさん、好きです。これからも応援しちゃいます。

主婦だけど、30日に今年最後の出勤。新年あけたら2日に出勤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がだんな実家へ行かないのは

昨日から、
私はパート。
次女は部活の先輩のお宅へお泊まり(しかも2泊!)。
息子は秋葉原でのなんとかいう催事へ。
夫と長女は夫の実家へ。
……という、なんともそれぞれの行動となりました。

グチになりますが、うちの夫は呆れるくらいお休みをとりません。本人は「 とれない 」というのですが、同じ会社の全社員がそうしているとは到底思えない、というか、違うはず。結婚当初から、夏のお盆と年末年始にかけてのやっとのお休みをとったかと思うとそのお休みは夫の実家への帰省になります。
私は舅姑とはウマがあわず、帰省してねぎらわれたりした記憶がありません。
産後3ヶ月くらいの体調がまだ本調子とはいえないような時期に帰省して不正出血があってコンビニにかけこんだり、私が運転して姑が見ている前で車をとめたというのに夫へ「 疲れたでしょ~ 」と姑が駆け寄ったり、仕事が忙しい夫より先に幼い子を連れて帰省しても「 なんであのこ(夫のこと)は来られないの? 」と詰め寄られたり、2泊くらいで帰ろうとすると「 早く帰りすぎる 」となじられ(気持ちはわかりますが)、車で帰省すると「 一緒に酒ものめない。つまらない 」といわれ(夫はと~ってもお酒に弱いのですが)……
年に2回の休みを帰省につかって、歓待されるかといえば(ご馳走は出てきますが)なじられ。家族旅行もできないなぁ、一体世の中のお嫁さんてどうしているんだろ、と思った時には結婚して数年たっていた気がします。

電話や手紙では、私に対しても顔をみせてくれとか声をきかせてくれとかは時々言われるのですが、実際に帰省すると私のことは眼中にないような感じなので苦行のように感じ始め(例えば入浴する時にタオルを用意してもらえないとか、生理のゴミを出そうとしたら舌打ちされたりとか、いきなり育児に対してケチをつけられたり)、というか年々我慢ができなくなり、ここ数年は夫実家には足を踏み入れていません。夫もそのことに関して何も言わないのでお互いにスルー、みたいな状況です。子供たちはお小遣いほしさにひとりでも行くようになったし、大学生になった息子は「 2泊くらいしてこようかな 」なんて言っていて、2泊もしたら間がもたないだろうに、なんて私は秘かに思ってしまいますが口には出さず(笑)。

小さいころから年末年始やお盆は父母のどちらかの実家で過ごすことが多かった私としては、好きか嫌いかは別にして、「 正しくない過ごし方 」のような気分がして後ろめたいものもあるのですが、でもやっぱり、あの居心地の悪いところへ自ら進んで行きたくはない……
なんで男の人って自分の実家でも嫁の実家でも大事にされるのに、女性は苦労するのでしょうね。
え? 苦労しているのはほんの一部??
ま、色々あるのでしょうけれどもcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい仕事

約2週間の研修をへて、4月中旬にグランドオープンしたレストランで働き始めました。

研修の大ラスを体調崩して休むことになってしまい、3~4日ぶりで初出勤。久しぶりだけど頑張ろう! と緊張しながら掃除をしていたら女将に呼ばれ、「 デシャップをやってもらいます 」と言い渡されました。
デシャップ。
キッチンから出てきた料理をトレイにのせ、必要なタレやらカトラリーやらセットしてホールスタッフに渡す役目です。いや、それだけじゃない。予約を把握し、来店しているお客様を把握し食べている頃合いを見計らって次の料理を出す。いわば司令塔。デシャップこけたら皆こける、と私は教わりました。
でも飲食店経験者に任せ、初心者はホールに専念すればよかったはず。なぜ?なんで私? という疑問がいっぱいになりながら、初日の緊張に見舞われた中で質問することは憚られ、指導役として本店から来ているT店長に言われるがまま動いて初日は終わりました。
言われるがまま、というか言われないと動けない。何度も同じことを注意され、目を剥かれ、すいませんと謝り、変な大汗かいて退勤時間。まるで給料泥棒です。

何かの間違いじゃない? と同僚には言われたけれど、確認したらデシャップの仕事を覚えてと言い渡され、呆然。逃げ出したい気持ちとハテナマークが頭の中にとびかっていましたが、でも「 覚えなくちゃ 」という気持ちもあって、朝の8時にきたら特訓してやると言われて銀座に朝8時出勤。タイムイズマネーやでっ! と叱咤されながら勉強させていただきましたとも。
指導してくださるTさんは優しい方で、「 言い方きついけど怒ってるわけじゃないから、あんまりビクビクしないで 」ということを関西弁に似ているような岐阜なまり?で言ってくれます。私がすぐに「 すみません 」と言うからですね。「 びびっているわけではなく、焦っているだけです 」と答えておきました。
3日目あたりには、絶対無理だよと思っていた仕事も少しずつ頭に入ってきました。察したTさんが「 (初日を)よう耐えてくれました。大変やったやろ 」と笑うので、大変どころか異次元に放り込まれたようでした。家で弱音吐きまくりですと正直に申告する私(笑)

そんなこんなで無我夢中で働いていたら、オープンして初めての週末、Tさん不在のまま1人でデシャップを担当しました。厨房スタッフが皆さん助けてくれ、1番大変な時はドリンクを作るのも手が回らなくなりホールスタッフに泣きついて、見かねた大女将もマネージャーもデシャップのところで動き回るはめになってしまいました。
まだまだ独り立ちは無理の私。

でも、こんなにやりがいのある仕事は久しぶりです。
若かりし頃に就いていた仕事と同じくらいの責任ある仕事です。大変で、勉強不足もあってまだまだダメな状態ですが、見るのが好きだった求人広告も見る気が失せるくらい。なんとか仕事を覚えなくちゃ、とかいいつつ、休日はぐったりなんですけれどね。
仕事始めと大好きな宝塚雪組公演が見事に重なってしまい、入り待ちも出待ちも1回もせずに終わってしまったのがちょっと心残りですが、印象に残る月になったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧