育児

高校と小学校を卒業

息子が高校を。
娘が小学校を卒業しました。

息子の卒業式は感動でした。普段から規則が厳しく、前日は昼食もとらずに練習が行われたそうで(自転車で20分の学校ですが、3時半ころ帰宅した息子は家でお弁当食べてました)、その成果あって、動きの揃っていること。PTA役員仲間から聞いてはいたのですが、しずか~~~な中で厳粛に式は進んでいきます。咳をするのもはばかられます。携帯も鳴りません(300人を越す卒業生、同じくらいの在校生、卒業生より多い保護者が体育館内にびっしりと集まっているのに、です。おかげで気分が悪くなる在校生続出だったようですが。私は前方にいたのでわからなかったのですが、窓や出入り口もほとんど閉め切ってしまうので空気がよどんで息苦しいそうです)。
呼名の時に嗚咽をこらえきれない担任の先生あり、かみかみの先生あり(クラスの生徒が「まただよ」と肩をふるわせて笑いをこらえていました)、厳粛な中にも先生と生徒の絆が感じられましたし、皆勤賞・精勤賞で呼ばれる生徒も多くて(息子は1日休んでしまったので精勤賞)目を瞠りました。
仕上げは校歌! なんと「合唱」でした。本来のメロディーに重なって「Ah~」と別パートが聞こえたり、立派な合唱曲のよう。私は役員をやっていましたが、校歌は入学式に聴いて以来、入学式の時には合唱ではない形だったのでびっくりしながら聞き惚れてしまいました。
「仰げば尊し」も歌われて、聞いている内に、高校選びの苦労(親子げんかまでしました)、受験(後期試験で合格)、入学説明会は私が38度の熱で付き添ったなぁとか、私の役員生活の色々とか、かいま見た学校行事での息子の様子を思い出したり、卒業式の今は息子は大きな声で返事をしているしなごやかにクラスになじんでいるようだし……と万感胸に迫り、涙涙となってしまいました。
息子は大学生となり、学費は親がかりですがもう自分で進んでいってもらうしかありません。大人になるんだな、と肩の荷がおりた気がします。

娘の卒業式は雨模様。
昔流行したソバージュヘアのようなくせっけの娘、切りたいというのを我慢してもらってこの日まできました。顔周りの髪を三つ編みしながら後頭部で一つにして、嫌がるリボンをつけて、お姉ちゃんのお下がりのパンツスーツで出席。
保護者席の最前列に陣取った私を得意技でいち早く発見したようですが(バレエの発表会でも、踊りながら登場した途端に親を見つけていた娘です)、私と意地でも視線を合わせずクールな表情を崩しませんでした。
息子と入れ違いで入学したので、私は保護者として12年間小学校に関わり、役員も色々やりました。仲間もできましたがなぜか小学校は学校の協力をなかなか得られない。学校を掃除して欲しい・校庭の草取りをしてほしい、みたいなことには積極的なのに、広報委員が写真を撮りたい、というとすごく排他的、など摩擦も体験してきました。大嫌いとはいいませんが、小学校と関係がなくなるんだと思うとせいせいします。
あ、でも5~6年生のミシン授業はヘルプで入るのがとても楽しいので、もし子供が在籍していなくてもいいなら手伝いに通いたいと思っている人間でもあります。
家庭では年上のきょうだいたちにやりこめられている娘ですが、学校ではしっかり者で通っているらしく我が娘ながら本当の姿はどのへんにあるんだろう?と思わせてくれる頼もしい存在です。

2人とも、よく頑張って通学しました。
それだけで偉い、と私は思います。
卒業おめでとう。
全国の卒業した児童・生徒の皆さん、おめでとうございます。
わくわくドキドキの新学期がもうそこにきていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜咲く

息子が大学に受かりました。

というか、行く大学が決まりました。

夫が承服できない滑り止めA大学は結局捨て駒となり、次に夫も了解した滑り止めB大学に合格。その後、息子にとっては1番のチャレンジ校に落ち、1番通いたいと思っていた大学も不合格になり、残るは2番格のチャレンジ校のみとなり、受かるはずはないと決め込んで「 B大生で頑張る 」と本人もその気になっていたのですが……。なんと、合格していたのでした。
直前に夫から「 受けろ 」と言われて受験校に加えた大学でしたが、学科は息子の興味のあるところにしていたし、本人も異存はないので決まりとなりました。
落ちていたら、B大学の手続き締め切り日が迫っていたので夜勤明けの夫が銀行に駆け込む手はずも整えていたのですが、いやぁ本当によかった。難易度でいう易しいところに落ちて難しい所に受かる、という逆転現象みたいなことってあるものなのですね。本人も「 なんで受かったのかな 」と何度も呟いていました。

この合格を、ネットで調べてわかったわけですが。
滑り止めで受かったところは、昔ながらの掲示板よろしくパソコンの画面に受験番号が並び、その中から自分の番号を探す方式でした。息子と2人で、「 あった! 」「 間違いない? 」と何度も確認したのはつい最近のことです。
今回の大学は、受験番号とあらかじめ決めてあった数字を打ち込むと、画面に「 受験番号○○○○番のあなたは合格しています。おめでとう 」と出てくる方式。家で息子が調べ、職場で知った夫がネットを見て、帰宅してから受験票を再確認、と何度も確かめてしまいました。だってね、滑り止めの大学の手続きは一切してないんですから、もしこれが間違いだったら浪人してしまうことにもなりかねません。
でも、大丈夫みたいです。

その夜の我が家の緊張感のなさといったらまぁ、笑ってしまうくらいでした。

でもほんとによかった。
本人が1番ほっとしていることでしょう。手続き忘れとか不備のないように動かないとね。まだ結果の出ていない皆様、一足先にすみません。皆様の合格をお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとときの平穏

息子が大学受験、ということでこの1年間、息子は見たいテレビややりたいゲームを我慢してきました。
全然見ないということはなくて、2~3本のテレビ番組は見ていましたが、おたくクンなので随分と我慢していたのがよくわかりました。それぞれ願書は出すけれどセンター利用といって1回の受験で複数の私立大を受けることもしたので、それを含めて6回の受験(7回かな?)。運良く雪の日の受験もなく、電車事故にもあわず、先日すべての受験が終わりました。
最低ランクの滑り止めには合格したので、手続きを忘れなければ浪人の可能性はなくなりました(勿論、まだ滑り止めの大学にも一円も納入してません)。
1番チャレンジ校だったところは不合格が出たので、本命がどうなるかで一喜一憂があるにはあるのですが、しばらくはもう待つだけです。

久しぶりに、年子の妹とおたく話し会話をして、ネットサーフィンを楽しみ、ふらふらと買い物して(どこへいくの? と聞いたら「いろいろ」ですからね~)、ゲームをしています。
結果はどうあれ、この1年間(ほんとは高校3年間リキ入れて欲しかったですが)特に頑張ったんだなとつくづく思います。
そして私も一安心。
あとは大学の入学式と成人式兼用にするというスーツや靴そろえないと。珍しく、あっちこっちから来るダイレクトメールを捨てずに持っています。物いりの季節ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12年間の立番

先日。

最後の立哨当番を終えました。

小学生がいる保護者が、自分の地域の定まった場所に、登校時間帯に交通安全の旗を持って誘導?します。地区によって頻度は様々で、世帯数が少ない所は順番が回ってくると1週間は連続、とか聞いたことがありますが、私の地区は1年間に3~4回といった感じです。朝の7時半頃から30分くらい。雨の日は指定の合羽を着て、旗を手に持ちこどもたちに挨拶しながら自動車の様子を見て……。

私は3人の子供がいて、1番上と末子が入れ替わりで小学校に通ったので12年間、この当番をやってきました。挨拶が返ってこない子の視線をとらえて おはよう! と挨拶してみたり、見知らぬ子から摘んだお花をもらったり。低学年の子はそっちのけで歩いていく班長さん(班登校です)を注意したり、ふざけあっている子に声をかけたり。元気なさそうに遅くいく子を励ましたり。
上の子が小学生でも下の子が幼児、という時期もあり、子連れではいけないしさりとて夫にみてもらうわけにもいかず…という時にご近所さんが声をかけてくれてあずかってもらっていた何年間かもありました。私も誰かを手助けしようと思ってきましたが、子供が減ったのとそこまで親密になる人ができずにいます。

通学路とはいえ、県道沿いの、ガードレールもない交通量の多い道を沢山の小学生が歩いていきます。横断するのは細い道とはいえ、自動車の抜け道になっていて朝は交通量もかなりのもの。子供優先で待ってくれるドライバーがいる一方で、強引に通っていく車だって少なくありません。
子供手当なんてばらまいていないで、どうにかこうにかお金をまわして通学路を整備してほしいものです。ガードレールはしかるべき地域の役員さんから申請しているようですが、お母さんたちの間ではまことしやかに「 死人がでないと作ってもらえない 」なんて言われてます。子供が死んでからでは遅いんですけどね。

とかなんとか言っていますが、ちょっと感慨にふけった日でありました。
全国の小中学生(だけに限りませんが)が安全に登下校できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校の体育祭

雨天で延期になっていた息子の学校の体育祭でした。

今までは仕事だったり、「一人で見るのもね~」と行ったことがなかったのですが、今年は連れができたので初めて行ってみました。
そうしたらまぁ、面白いことhappy01
天気があやしいので、なるべく時間かけずに・少々の競技は省略、などの変則的なプログラムで行われたのですが、さすが校則が厳しい学校、生徒達はきびきびと動くし先生は燃えてるし(生徒達もアツイです)、見たことのない夫が可哀想に思えました。

もしかしたら、高校生にもなった子どもの体育祭をそんなに夢中になって見に行くの? と思うかたもいらっしゃるかもしれないですね。
私もなんとなくそういう気持ちがありました。
でも、文化系の部に所属してスポーツなんて趣味でもやっていない息子が1年に1回本気で運動するのが(いえ体育の授業だってちゃんとやっているでしょうけれど)、そしてそれを見ることができるのが体育祭だと思っています。
中学の体育祭は、1回くらいは見たことあるのですが、リレーの時間になったときに下の子の用事で帰らなくてはいけなかったりで、ここ数年の心残りでもあったんです。

勿論息子は足が速いわけではありません。
でも部活動対抗リレーはまだ部長なので出るし、クラス対抗競技にもクラス全員が出るわけです。

我が子目当てで見ていながら、白熱した騎馬戦に歓声を上げながら見ていたり、お友達のお子さんたちの活躍を見たり(買ったばかりのデジタル一眼レフカメラで撮影もしました)、学年は違えど男子の組体操に目を瞠り……
騎馬戦にも作戦が不可欠なことを初めて知った私です(帰宅して聞いてみたら長女も知ってましたが)。

ここまでの体育祭を作り上げるのは先生も生徒も大変だったと思います。
生徒達も先生の言いなりになっているだけでなく、お茶目なところはお茶目で、まだまだ幼いのね、ひねている子がいないみたいだなぁと気持ちの良い雰囲気でした。

長女の高校は女子が圧倒的に多いのでここまでの盛り上がりはないようですし、大満足の最後の体育祭でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドバイスか強制か

高校2年生の息子がいます。

この時期、高校卒業後の進路選択にともなう、授業科目の選択があります。
大まかには理系か文系かに分かれるのですが、同じ公立の大学でも試験科目がどう、とか色々あるので、絞り込めればいいのですが、そうでない場合はある程度柔軟に対応できるように科目を選ばなければなりません。

と、いうようなことは入学したときから言われていたことで、今年度になっても聞いていたし、息子に考えているのか、どうするのだ、手紙はきたのか、とせっついていたのですが。
息子は生返事ばかり。わかってるよと答える17才の子に、あんまり根掘り葉掘り突っ込みたくないので少々ほっておいたのですが。
申込期限が迫ってきたので、息子も親と相談しなければと思ったのでしょう、昨日当たりからやっと話し合いが。

……
結局息子はね、将来どうしたいかなんて決まってないんですね。
私だって、高校2年生の時にあの職業につこう! なんて具体的なものはなかったです。
なかったですけれど……
あんまりにも漠然とした(「おもちゃ系か、映画関係の仕事」といった程度)夢があって、それでもって専門学校へ行こうかな、新設されるところがあるんだよ、と言われても。
美容師になりたいとかホテルマンになるんだとかならば分かりますが、そんな程度の覚悟で?
だったら大学へ行って、勉強しながら……
という話しをすると、

結局大学へ行かせたいんじゃん!

とくるgawk
この息子は、年子の妹が選んだ学校があまりにも自由な雰囲気のためにうらやましがり、

ぼくん時は高校を親に選ばされた

と発言、夫婦で何を言っとるかっ!! と怒り狂ったものでした。
深く考えず、調べず、ならばと手助けして一緒に考えたはずの高校に対してそう放言し、
今また「親は僕を大学に行かせたい(専門学校には反対ばかりする)」と簡単に言うなんて。
すぐにおヒスを起こす私の横で、夫はインターネットで調べてやりながら、ほらお前の行きたい企業は半分以上が大卒だよ、とか、助言をしているのですが。

勿論、自分でちゃんと考えてそれを説明することができるなら親のほうからあれこれ言うことはない。ちゃんと考えても調べてもいないから(足りないから)こういう道もあるよ、考え方もあるよと言っているんじゃないか。それでも「高校決められた」と同じように「進路を決められた」と言うような結果になってはたまったものではないから、好きにしていいんだよ(自分で決めなさい)、その代わり全部自力でやってみなさい、とは言ったんですが、果たしてどれだけ息子に通じているのか。

別に一流大学を出て官僚になれとか言っているわけでなく、やりたい道があれば応援するよ、進みたい道はどこなんだいと尋ねる寛大な親のつもりですが
……まぁやっぱり、転ばぬ先の杖とばかりに言ってしまうことはありますが……

アドバイスのつもりが強制に受け取られるというのはつらかったり、厄介だったりするものですね。
17才を相手にまだまだ子育ての難しさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の誕生日

先日、娘の誕生日でした。

夫の誕生日が1日違いだったことや、「家族みんなで食事が出来る日」にお祝いをするのが恒例の我が家、誕生日当日ではありませんでしたがお祝いをしました。

家で食事をしたいという娘の希望で、
お祝いの日の定番料理になってしまいつつある、マカロニグラタンを作りました。
(あとはケンタッキーとかで買ってきたりしちゃったりしてcoldsweats01

ケーキをどうしようか、と準備の時に聞いたら、
シフォンケーキいいよ
という返事が。
「で」 というのが気にならなかったというとウソになりますが(笑)、
私の手作りケーキでよいというので、キャラメルのシフォンを久しぶりに作りました。
久しぶりでしたが、何回か復習してあるので、ドキドキしましたが結果はオーライ。

プレゼントは図書カードと、私の好みで選んだピンク系の洋服。
もう11才になったなんて……。
末っ子のせいか、親として見る目が曇っていていつまでも幼く感じてしまいます。
時々、意識的にまわりのお母さん方から見たうちの末っ子像を聞くようにはしています。
息子がもうすぐ17才というのも我ながら衝撃ですけど(笑)

もう1人の誕生日を迎えた夫にはお祝いの言葉だけとなりました。
このごろ毎日お弁当作ってますからね、それで充分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファッション

ファッションに限らず、料理でも裁縫でもインテリアでも、私にセンスがないのは自覚しています。
雑誌を読んでふんふん、と思っても実践するのは至難のわざなのです。

が。
娘が高校生になって、とうとう真剣に服装に取り組まなければならなくなりましたcoldsweats02

「みんなと一緒になる必要はない」
とは思いますが、ある程度はそれなり?にセンス良く、身綺麗にしていたいものですよね。
私服で遠足に行くとかなると、やっぱり……

5%割引になる会員カードをもっているお店から、セールのお知らせがきました。
娘と私の都合があうのは土曜日の夕方のみ。
閉店まで1時間しかないけど、行こう!! と2人で出かけてきました。

今までTシャツにGパン、という娘だったので、おしゃれでかわいい服なんて皆無。
(TシャツとGパンだってセンスがよければかっこいいですけど)
ちっちゃく畳まれた服を広げながら、
どう?
襟ぐり、あきすぎじゃない?
これは?
この形は着こなし、難しいんじゃない?
これって何と組み合わせて着る物なの?
と、スタート時は2人で言葉を交わしていたのですが。

数分で娘の集中力は途切れました。
なんとかハッパをかけて購入してきましたが、短時間に頭を働かせ(手持ちの服を思い出しながら、コーディネートを考えたり)たので、2人でぐったり。
センスの良い、お買い物につきあってくれるお友達がほしいです。

……買い物しながら。
娘が 「おかーさん、カットソーってなに?」 と発言。
私がカットソーという言葉をはじめて聞いたのは、服飾の勉強をしていた友人がまだ学生だったころだったと思うのですが、
その時も友人と
「服はみーんなカットソー(切って縫う)だよ!」
って息巻いていましたけれどcatface
変なネーミング、って今でも思っています。
それとも私の英語の知識がないせいなのでしょうか。

どちらにしても、服飾センスに挑む日々が始まったのは間違いないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の卒業式

ホワイトデーは娘の卒業式でもありました。

年子の子どもなので、昨年も息子の卒業式に出ました。
が、昨年は役員をやっていて卒業式が終わったらダッシュで謝恩会会場へ移動してセッティングしなきゃ! な段取りに追われ、感動もへったくれもなかったのでした。

今年も役員をやっていますが、昨年の反省を踏まえ、
「役員の仕事に最善をつくすけれど、卒業式もたっぷり味わおう」
と式に臨みました。

天の邪鬼なので、たぶん泣かないだろうと思っていましたが。

大感動の卒業式でした。

部活動の部長になり、生徒会の役員もやり、A先生が授業中に披露するガンダムネタに唯一ツッコミをいれられる生徒として(先生から)頼りにされ、水泳部の部長や若手男性教諭の筋肉に萌え……
私とは違う性格なので、PTA役員として普通の保護者よりは足繁く学校に通っている私と娘がなかなか結びつかないようで、先生方に「○○のお母さん!」と認識されるようになったのはつい最近です。

幼稚園の時、小学生のとき、中学に入ってから。
こんなことがあった、あんな話しをした、
と色々思い出され、
感慨深いものとなりました。

真面目一辺倒の娘ではないのです。
どちらかというと、はったりで世間を渡り歩いている娘です。
娘の話を聞いていると、まるでマンガのような先生とのやりとり。いわく、B先生は横暴だけれど自分より上だと思う生徒には強く出られない。私? 勿論先生より上だよ。恐れるに足りず! 部活動顧問の先生は私がいる席ではモンクを言ってこない。私がこわいからだよ。
……どんな大女な娘だと思われるでしょうね。
背はちっちゃいんですが、態度がデカイんです。
でもこの娘ほど、親を楽しませてくれる娘はいないだろうと思います。

その娘が、涙をふきふき、群読(学年全員で行うかけあいの答辞)をするのを聞いていて涙腺がゆるみました。
300名以上の生徒なので娘の姿はまぎれて見えないのですが、涙をこらえて大きな声を張りあげる娘の声はわかるものですね。

合唱にも力をいれている学校なので、3曲以上の合唱も披露されました。
群読と織り交ぜて合唱をいれる台本を作った先生のお力にも頭がさがります。
毎年行われる校内音楽会で、毎年違う曲を「学年曲」として披露しますが、その全てが歌われたので、
「この曲の時には○年生で、こうだったああだった」
と思い出されました。唄はすごいです。

夕方からは謝恩会。
続いて2次会も。
お世話になった先生方と楽しく歓談してきました。
本当にお名残惜しいです。
(役員なので、5月くらいまでは学校に通うのですけれども)

義務教育のおわり という言葉も重く響きました。

卒業はさみしい、と連呼している娘ですが、新しい世界を切り開いていってほしいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お祝いの外食

受験当日にも食べに行こうか、なんていう話があったのですが、

誰かが具合悪くなったり、仕事が入ったり(全部夫ですよ)

……で、延び延びになっていました。

本日やっと、家族全員そろって外食へ!

どこ行く? ファミレスじゃなくて、おしゃれなレストランに行こうよ。
と、席だけでも予約したいと下調べしていた私ですが。
夫が乗り気じゃないんですね、お洒落なレストラン。
「かしこまると味がわからない」
とかいっちゃって。
息子も焼き肉がいいとか茶々いれるし。

妥協して、地元デパートのフランス屋へ行ってきました。
おいしいです。
おいしいですけれどね、母としては街の洋食屋さんでいいですから、ちょっとおめかしして、ほんのちょっぴりだけ緊張しながら、雰囲気とかも味わいながら食事してほしいんです、子供たちにね。

高級店には大人になって自分のお金で行けばいいとは思いますが、少しずつ慣れておいてほしいと思うんです。
そこらへん、夫と意見が合わないので溜め息をついてしまう私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧