宝塚

観劇と映画の視聴記録

最近、ブログ更新を怠っていましたが私自身に何かおきたわけではありません。

簡単ですが、今年に入ってからの観劇(イベントも含む)と映画鑑賞の記録を。

映画
1,元旦、「SPACE BATTLE SHIP YAMATO」
2,2月、「GUNTZ」
3,2月、「アンストッパブル」
4,3月の震災以後に、「SP 革命編」
5,5/17、「ダンシング・チャップリン」
6,5/18、「BLACKSWAN」

観劇(イベント含む)
1,1/9 「銀河英雄伝説」青山劇場にて
2,1/16 「水夏希ティーパーティー」セルリアン東急ホテルにて
  ファンクラブ会員限定
3,1/18 「STUDIO 54」日本青年館にて
  宝塚月組の公演
4,1/23 講談の会 上野末広亭にて
5,2/3 水夏希列席の大國魂神社の節分祭
6,4/12 「愛のプレリュード」「Le Paradi」
  宝塚花組・真飛聖退団公演
7,4/16 「レ・ミゼラブル」マチネ公演
  岡ジャベ・別バル・和音ファンテ・原田マリ・駒テナ
8,4/17 「レ・ミゼラブル」マチネ公演
  岡ジャベ・別バル・上原アンジョ・こども店長のガブ・絵理かつら屋
9,4/17 「レ・ミゼラブル」ソワレ公演
  石川ジャベ・山口バル・知念ファンテ・山崎マリ・三波テナ・阿知波テナ妻
10,5/2 「スミレ刑事の花咲く事件簿」初日(18時半)
11,5/3 「同上」 13時公演
12,5/5 「同上」 18時公演
13,5/7 「同上」 千秋楽

レミゼのキャストは間違いがあるかもしれません。
それぞれの感想を忘れないうちにアップするつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災と宝塚

ながら視聴していたNHKで、「被災した受験生、宝塚音楽学校に合格」のニュースがとりあげられていました。

長年の宝塚ファンで、スカイステージにも入っていますがこのごろなかなか視聴する気力がわかず、情報にうとくなっていましたが、そうですよね、入学式おわっていますよね。

女の子をさずかったら宝塚に入れたい、なんて妄想していましたが、うちの娘達は見るのは好きだけど入るのは無理・いや、と頑固一徹。
母である私はあきらめずに、じゃぁ演出家は?とか、息子にまで美術関係で阪急に就職するのはどう?なーんて勧めているオバカさんでもあります(笑)

姑との関係に苦労して、一緒に寝泊まりすると食べ物の味が分からなくなった私ですが、それでも宝塚を観ると楽しくなったり味覚が戻ったりしたものです(今は姑に近付かないので悲惨なこともおこりません)。

大のご贔屓さんは退団してしまいましたが、きっと私はこれからも宝塚を観劇し続けるし、舞台には夢を求めると思います。

一時でも、現実を忘れて夢の世界にいける

そんな宝塚を愛しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚月組 STUDIO 54

今年初の宝塚観劇は。

日本青年館にて、月組 「STUDIO 54」
1階下手ブロックにて

昨年、ジプシー男爵を観て作品のあまりの古さ、脚本の泥臭さについていけずショーの良さも見分けられず、月組ってどんなんだろ…とわけがわからなくなっていました。そう、私はスカピン観そこねているので。
で、この公演もどうせチケットを入手できるはずもない、と思っていたので、事前知識が乏しいまま観劇。知っていたのは、かつてアメリカに実在した?というディスコが舞台でフィナーレが2通りある、ということくらい。

だったのですが。

面白かったです。
う~ん、私って予備知識なしになんにも知らないまま観劇したほうが素直になれるのかしら(笑)
きりやん、かっこいいじゃないですか。私はこういう男役さん好きです。下手するときりやんの役って狂言回しじゃないけど傍観者的なストーリーテラー的な位置になりそうですけど、そうはなってないし。
みりおちゃんもかっこよくて。
蒼乃さんの「 目のさめるようなブロンド 」と形容される髪の色については異論があるのと、大人顔だからかしら、新進女優、というにはなんかとうがたっているような気がしちゃいました。髪の毛が顔だか唇にくっつくのか、何度も直しているのが気になりましたね。
越乃さんの支配人がよかったです。普通宝塚がこういう役を描くとき、わざとかわかってないのか変な方向にもっていきがちですが、今回はちゃんとできている。「 もしかして? 」と思わせる描き方がいいですね。

ああ、もう1回くらい見たかったな。
フィナーレは日本の歌謡曲バージョンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスタマイズCD

宝塚大劇場に遠征してきたので、カスタマイズCDを購入してきました。
東京の日比谷でも購入できますが、シャンテでの購入ってなんだか落ち着きません。大劇場のキャトルレーヴ・アミだとちゃんと区切られた店内で購入できるのが好きです。親切な店員さんがすぐにご案内もしてくれますし。

今回は、雪組の「 ロシアン・ブルー 」のアルバム(最初から曲がセットになっている)と、「 ソルフェリーノ 」の彩吹さんのサヨナラショーも入っているアルバムを。
専ら、愛車の中で聞くばかりなのですが……いいですね~。
劇場で観劇していると、歌も聴いているつもりでも目の前の麗しいお顔に気を取られていたことを実感しました。重唱のところなど、ああ、こんな歌詞だったのね。観劇していた時は聞き取れていなかったな~とびっくり。
何回か聞いたはずの歌も忘れかけていることがあるのですが、でもすぐに続きの歌詞が口から出てくる……これにもびっくり。それだけ夢中になって公演を観ていたということなのでしょう。

小学生のころに宝塚を知り、学生の頃から波もありましたが結構劇場には通っていました。でも初めて「 会 」なるものに入ったのは水夏希さんの会が初めて。それもトップになる時からですからすっごく最近のことですが……。
こんな年齢で、宝塚に、1人のジェンヌさんにここまで夢中になることは、もうないかもしれない。今まで、本当に夢中で観ていたんだな……と、驚きと嬉しさと寂しさがあります。

ああ、やっぱり来週も大劇場に行こうかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本命

ミーハーなのだという自覚はあります。

仮面ライダー電王の主役だった佐藤健くんが好き。

「メイちゃんの執事」見ていて水嶋ヒロさんと健クンの2ショットに目がハートになっていました(ちょっとアブナイ)
SMAPxSMAPに出たときも録画して、娘達とテレビの前でわいわい騒いでいたものです。

んが。

5月1日から始まった雪組公演。
5月19日の時点で、私は5回観劇しました。
もっともっと足繁く観劇するファンの方がいるのは承知ですが、私は自己記録更新です。

んで。

娘が、「○○っていう番組に健クンが出たんだよ~」とネットの動画を見せてくれたのですが、テンションあがらないのですよ。

大人の男がいいの。

って、いやタカラジェンヌは女性の集団ですけど。

でも、私にとっては「本命の男」。

つい最近知り合った方がこんな感じの呼び方をするんですけど、いいですね。しっくりきます(笑)
私も使いますよ、「本命の男」

遅まきながら夏休みの大劇場遠征計画を練り始めました。
ホテルとれたら泊まりがけで観劇したいんですけどね~。
お小遣い、足りるかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター席のしあわせ

宝塚雪組の水夏希さんのファンです。

というのは、何度か書いてきましたが。

今月は東京日比谷の宝塚劇場は雪組公演上演中です。
水さんがトップになってから初めて初日を観劇することができ、ご挨拶を聞くことができ、5回観劇し、残るチケットはあと2枚となりました。

先日、2階席ではありましたがセンター席に座ることができました。

ゾロの装束に身を包んだ水さんをオペラグラスで追っていたのですが、目が合いましたよ~~! 仮面をつけているのでオペラを外してしまうと目元がわからなくなってしまうのですが(一瞬外して確認しました)、オペラグラス越しですがばっちり!

フィナーレの白い衣装になった水さんが銀橋に出てきた時も。
目線が、私に!!(爆)
オペラを外してもしっかりお目々とお目々がっ!!!
ああ~、幸せとはこのことねっ。
「キミハブレイク」でメロメロになった真鍋さんの気持ちを改めて実感(爆)

熱に浮かされたように、出待ちも久しぶりにしてしまいました。
素敵でございました。

自分を半分見失っています。
こわいです、このままどんなになってしまうのか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚星組 マイ ディア ニューオリンズ ア・ビヤント

3月24日金曜日マチネ公演
宝塚星組 「マイ ディア ニューオリンズ」 「ア・ビヤント」を観劇しました。

当然のごとく大劇場には行っていませんので、初見です。

あまり泣かない私ですが。

泣けました。

明日で終わりなのですね。
土日の公演チケットは大激戦だったと思いますので、金曜日が見納めというファンの方々が多かったのでしょう、客席も舞台もすごい集中力だったと思います。
お芝居でもショーでもすごい拍手の盛り上がりが。
スタンディングしてもいい! と思ったくらいです(しませんでしたけど)。

歌のひと・安蘭けいさん、のみならず、歌える星組ならではの歌が多用される、見せ場がたっぷりの舞台でした。
迂闊人間の私でも心にぎゅぎゅっと迫ってくる、さよなら公演にこめたセリフが多いこと。ファンの方にはたまりませんね。
私はジョイの恋心、ルルの恋心に涙誘われました。
ニューヨークで一緒にやりなおそう、というジョイにルルは別れを告げられない。様子の変なルルにジョイはどうした?と心配顔。実は邸をひきはらうルルは「競馬を見に行くだけ」としか言えず、ジョイは待ってるよ、と。
ここで泣かない乙女はいません!(涙が出る出ないは関係ありません)
別れなんかいえない。言ったら自分がどうなるかわからないから。
ルルの言葉がまた……。
景子先生、大好きです。

でも、実は。
ここで告白しましょう。
私は水夏希さんファン。
ここのところ雪組は短めのショーを先にやってそれからお芝居、というのが続いていました。実はわたくし、生涯3度目の大劇場へ8年ぶりに行ったばかり(笑)
で、迂闊にもなんだかショーを先に見る気持ちになっていたんです。
幕があがるときに、「あ!」と思いまして……。
ハンカチ、バッグに入れたまま足元でした。なので、ハンカチないまま涙をぬぐいながら見ることに(あんまりガサガサ音を出したくなかったので。嗚咽しそうだったら勿論だしましたけど)。

見逃した表情、聞き逃したセリフは数多いと思いますが、大満足な観劇でした。
安蘭けいさん、ありがとうございました。
これからのご活躍をお祈りしています。
ここ数日、スカイステージの安蘭さん関係番組を録画してはDVDに落とす作業が大変です。誰のファンなのよ!と自分でツッコミながら作業してます。
ノベルティグッズのニットバッグ、お洒落でいいですよね。買えばよかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原作を知っているかいないか

宝塚花組公演「太王四神記」

宝塚宙組公演「逆転裁判」

を見てきました。
同じ日に、ではないですよ。

それぞれの感想はまた別に書きたいと思いますが。

この2作、原作があります。

「太王~」はペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマです。
私ははまっております!
はまっているけれど、全話をしっかり見ているわけでなく、録画してためていたり、時々見たり、といった感じです。でも話の流れはつかんでおります。

「逆転~」はゲームです。
ひとがやっているのを横から見たりしたことはありますが、自分でやったことも、音楽を聴いたこともありません。
観劇に先立って我が子から借りようと思ったら、「全部友人に貸し出し中」とのことで残念なことになっております。

で。

「太王~」を見たときは、原作を知らなくても普通に楽しめるし、とてもよくできている、と思いましたが。
「逆転~」を見たとき、原作を知らないということはこうまで悔しいものか! ということを実感いたしました。
絶対、原作を知っているほうが楽しめますよ、この2作は。

雪組の「カラマーゾフの兄弟」を見たときは、原作を知らない悔しさは感じなかったんですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おささんの歌声に惹かれる

「カラマーゾフの兄弟」初日観劇時に、同じ赤阪ACTシアターで公演される「マルグリット」のチケットを購入してしまいました。

こんなことを書くとファンの方から石を投げられてしまいますが、宝塚在団中の…いつからかは知りませんが少なくともトップでいる間の…春野さんの歌声は苦手でした。
演技も、申し訳ないながらあまり好きではありませんでした。すっごく「間」がありすぎると思って。不必要に間が長い。こんな人相手に芝居するのは大変じゃないかな~、なんて素人ながららに思っておりました。

でも。

NHKのBSの番組の主題歌?を歌って、CDを出しましたよね。
番組を見てから買ったのか、見ずに買ったのか、記憶がないのですが、CDを発売されて間もなく買いました。
なんの気なく聞きましたら……
涙が出そうでした。
それまで嫌いだとおもっていた癖のある歌声でなく、とってもナチュラルな伸びやかな声でした。歌詞も曲も素敵で、別に疲れていたわけでもなんでもなかったのですが、「癒される」想いでした。
今でも、心がとんがりそうな時には好んで聞いています。

そんなこともあり、
また、
退団されてからの初コンサートでは歌い方が違う、との評判を聞きましたので、益々興味がわいていたのです。歌が上手なのは癖があっても認めていましたしね(偉そうでもうしわけないです)。
2月が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009観劇 「カラマーゾフの兄弟」2回目

本日、「カラマーゾフの兄弟」ソワレを見てきました。
2回目です。

友人とばったり会い、幕前・幕間と喋り、帰路も一緒。楽しかったです。

さて、本題。

本日は1階X列での観劇。
2階席と違って前列のかたの頭が舞台にかぶります。

今日もすばらしい出来でした(って私ナニサマ?)。

終盤、手錠かけられている水さんが歌うところ、泣いてらっしゃるんでしょうね、声がかすれてました。涙がほおをつたっているわけじゃないけれど(たぶん。私のオペラでは見えず)、感情がのっていたのでしょう。聞き苦しいほどではなく、「ミーチャとして」の範囲内におさまっていたと思います。

初日は2階席だったこともあり、なるべくオペラを使わず、舞台全体を見るように心がけていましたが、今日は結構オペラで愛する水さんを追ってみました。
が、ところどころは別の所も観察しましたよ。
2回目だったこともあり、色々なひとのセリフや表情がわかりましたし、伏線?めいた表情やセリフに気付いたり。

1幕の幕切れ、ミーチャ・イワン・イワンの幻影・フョードルが縦1列に重なって出てきて、フョードルが死体のように横たわりますよね。
その時、未来さんが客席方向を凝視するように目を開けていることにきづきました。
たぶん暗転するまでまばたきしていないみたいです(水さんでなく未来さんから目を離せなくなってしまった私)。

同じように裁判のシーンでも、スメルジャコフがイワンに告白した時に裁判所の方々が石のように止まりますが、そのときも皆さんまばたきしないのでしょうか。
スローで動いているときも、止まっているときも、すっごく好きです。目が2つでは全然足りません。

相変わらず、「壊れる寸前」のイワン・彩吹さんが秀逸です。私の心を激しくゆさぶります。
そうなの、ゆみこちゃんと水さんは反目しあってないで分かり合っている姿が素敵です(ごめんなさい、腐ってます)。

前回書き忘れてしまいましたが。
今回のフィナーレはなぜこんななのでしょうか?
皆さん手拍子してらっしゃいますが、手拍子入ると本物の学芸会のようなチープさが出てきて私は拍手する気になれませんでした。初日なんて、呆然としてしまいました。
が、宝塚ファンの悲しさというのでしょうか、今日は既に慣れている私がいました……。手拍子はしませんでしたが、「演出の先生、フィナーレまで頭回らなかったのね」「お稽古時間が足りなくてお茶を濁したのね」と勝手に理由を考えて納得しつつあります。

さて、残るは13日の観劇のみとなりました。
さびしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧